ブログキャノンボール

殴り書き散文ブログ

田舎者が都会で生活した話

春ですね。

春と言えば出会いと別れの季節。

そして新生活のスタートの季節です。

f:id:mister3bogey:20180321083431j:image

僕も20年近く前の今頃、大学に進学するという大義名分で高校卒業まで過ごしたクソ田舎から大阪にでました。 

クソ田舎者の僕からしてみれば大阪なんて超がつくほどの大都会!!

ビル!!ビル!!ビル!! 

人!!人!!人!!

都会に憧れていた田舎者からすれば何もかもが刺激的でした。 

都会に憧れるだけ憧れて大阪進出という夢を叶えた僕は遊ぶ遊ぶ!! 何も考えず遊ぶ!! 何も予定がなくても梅田だの心斎橋だのに繰り出す日々!! 大学に行かせてもらってるのに遊びまくるかなり親不孝者でした。 これは本当に反省してます。

ただ当時の僕はそんな事も考えれる余裕がある訳もなく毎日何をして遊ぼうかなと考える日々。 そんな男の周りには集まるのは当然と言えば当然なんですけど、同じ穴のムジナ!! 類は友を呼ぶ!!ですよ。 そうなってくると本末転倒… 大学進学したのに夜遅くまで遊ぶ~朝起きれない~夜遅くまで遊ぶ~の負の連鎖…

当然の如く留年してしまう結果。

本当に親不孝だし今でも反省してます。 

これから新生活をスタートさせる人はこんなアホな生活をしないでもらいたいですね。