ブログキャノンボール

殴り書き散文ブログ

ゴルフの話 練習編 打球が右方向へ飛んでしまう

前回、ゴルフの練習に行った時にビックリするくらい打てなかったし、ラウンドする日も決まってしまってるし詰めて練習に行こうかと思い練習に行ってきました。

前回がダメ過ぎたので、今回の練習では多少なりとも納得するボールが打てるようになってました。 やはり練習は大事ですね。

でも、どうしても左にボールが曲がるのです…

フックのレベルを超えた曲がりです

まっすぐ(ここで言うまっすぐは曲がってないと言う意味)にボールが打てたと思うと右方向へまっすぐ飛ぶという始末…

どうなってんだ?!

 

f:id:mister3bogey:20180407174636j:image

上の図で説明すると、まっすぐ打てたとしても、からAにボールを打ちたいのにB方向へ飛んで行ってしまうんです…

もしくは、A方向へ出たとボールがC方向よりはるか先に曲がって飛んでしまいます。

これらの現象の解決にかなり迷いました。

しかし答えは単純でした。 

構えた時に無意識のうちにBへ向いてしまってたのです。 B方向へ出たボールは右に出たのではなくて、むしろ真っ直ぐ打ててたのです。 それに気がつかずに右へ出てると思い体が無意識に反応して左へ打とうとしてCよりはるか向こう曲がってしまうボールが出てたのです。

ゴルフは目標に対して正面で構えるのではなく横を向いて構えるので、構えた時に既に間違った方向を向いてしまってるミスがおきやすいです。

ボールの後ろに立って打ちたい方向を確認して構えて打つ練習をしっかりとしないといけません。  この時も足の向き、肩の向きをしっかりと確認しないといけません。

ゴルフってマジで難しいです…

考える事が多すぎです。 

上手になる為には日々の練習でただボールを打つのではなく、しっかり考えてやらないといけません。

これからも頑張っていきます。